JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

RESULT

ショートボード

ロングボード

プロトライアル
(ショートボード)

プロトライアル
(ロングボード)

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA 震災復興支援チャリティーツアー2011

ロングボード第3戦
 ALL JAPAN PRO 新島

  • 期   日/10月26日(水)~27日(木)
  • 会   場/東京都新島村 羽伏浦
  • 特別協賛/東京都新島村
    協   賛/SURFDAY.TV

  • 協   力/東海汽船㈱
    賞金総額/\1,200,000
    特 別 賞/\200,000

<男子>優勝 松山欣則

  • <男子>ファイナリスト

  • <男子>2位 ユージンティール

  • <女子>ファイナリスト

  • <女子>優勝 筌口聡子

天候/快晴
サイズ/胸~頭
風/サイドオフ


<男子>
優勝/松山 欣則
2位/ユージン ティール
3位/石井 寛路
3位/尾頭 信弘

<女子>
優勝/筌口 聡子
2位/田岡 なつみ
3位/鈴木 由貴
3位/小熊 明美

松山欣則、歓喜の渦に包まれ6年振りの優勝!

ファイナルデイを迎えた大会2日目。
選手が集合した6:30分の羽伏浦は北東の風が強く吹き、海面を大きく乱すコンディション。
協議の結果、風をかわしサイドオフとなる羽伏浦ビーチ最北端に位置する、羽伏磯でのコンテストとなった。
新島らしい厚みのあるうねりがコンスタントに打ち寄せライト、レフト共にショルダーの張るブレイクが選手たちの闘争心をかき立てた。
8時ジャストに男子R3のヒートをスタートさせるホーンが会場に響き渡った。
そのR3でただ一人、ベスト2を二桁台で仕上げた松山欣則の好調さが目立ち、ギャラリーを沸かせていた。
このオールジャパンプロでは、SURFDAY.TVより大会中ハイスコアを叩き出したライディングにベストライディングアワードが贈られ、選手にとって非常にやりがいのある特別賞が用意された。
松山はその好調さをファイナルまで維持し、先週千葉県千倉海岸で行われたリアルビーヴォイス千倉プロを制したユージン・ティールとのファイナルを迎えることとなった。
両者一歩も引かぬ一騎打は見応え十分。
力強い羽伏磯の波にサーフボードをセットし合う二人の闘志は深く刻まれるトラックに表れていた。
優勝は7点台を叩き出しファイナルでも好調ぶりを見せた松山が辻堂以来、6年振りの優勝を成し遂げた。
また、ベストライディングアワードはQFに豪快な一本を見せハイスコアを叩き出したユージン・ティールが手中に収めた。
そして女子では、筌口聡子と田岡なつみのファイナルとなり、本来の勝負強さを出し筌口聡子が高校生プロサーファー田岡なつみを抑え見事優勝と同時にベストライディングアワードも獲得し歴史あるオールジャパンプロを制した。
JPSA30周年を迎えオールジャパンプロ新島大会、その初日を間々下ポイントで開催し、そしてファイナルデイは羽伏磯で迎えることができ、サーフアイランド新島を改めて実感でき、
この素晴らしいフィールドを開放していただいた地元関係各位、ならびに協賛各社の多大なるご協力に心より深く感謝いたします。