JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

RESULT

ショートボード

ロングボード

プロトライアル
(ショートボード)

プロトライアル
(ロングボード)

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSA 震災復興支援チャリティーツアー2011

ショートボード第1戦 
  RONINプロ 藤本軌道カップ

  • 期   日/5月19日(木)~22日(日)
             ※19日(木)プロトライアル
  • 会   場/静岡県河津町 今井浜
  • 特別協賛/藤本軌道 株式会社 
    協   賛/RONIN Eyewear  

  • 主   催/JPSA


<男子>優勝 大澤伸幸

  • <男子>ファイナリスト

  • <男子>2位 田中英義

  • <女子>ファイナリスト

  • <女子>優勝 橋本小百合

天候/曇り
サイズ/腰
風/サイドオフ


<男子>
優勝/大澤 伸幸
2位/田中 英義
3位/椎葉 順
4位/林 健太

<女子>
優勝/橋本 小百合
2位/大村 奈央
3位/谷口 絵里菜
4位/田原 啓江

伊豆の海で刻まれた新たな歴史!

大会4日間を通しスモールコンディションとなったが、連日波のサイズにとらわれず白熱した、見応えあるヒートが繰り返された。
トライアルからラウンドアップし、本戦R1を見事勝ち上がった男子8名、女子5名がプロ資格を獲得。
その斬新的なサーフィンを武器として、さらなる日本のレベル向上へ大いに貢献してほしい。
プロ本戦2日目、そして翌ファイナルデイは早朝から協議を重ねた結果、メイン会場の今井浜から多々戸海岸へ移動して行われた。
この大会会場をモバイルしなければならない状況の中、選手会からの意見や地元関係各位からの絶大なご協力、そしてスポンサー各位の心強いご理解のもと、今大会運営が成り立っていることを改めて感じ、主催側として本当に心より感謝いたします。

男子優勝は悲願のJPSA初優勝を成し遂げた大澤伸幸。
大澤はこれで無冠の王者から、名実ともに真のチャンピオンとなった。
そして女子優勝は橋本小百合。
橋本は今シーズン国内の大会に集中し、グランドチャンピオンを狙うと力強くコメントした。
この両者が2011 JPSAツアー第1戦、記念すべき伊豆大会の勝者となった。

尚大会期間中、多くの方々のご協力をいただき集められた義援金は、総額¥569,794-となり被災地へ向けた復興支援金とさせていただきます。
心より感謝申し上げます。


5月19日(木)
天候/快晴
サイズ/腰~胸
風/サイドオフ
2011ツアー開幕!

心を一つに全国の選手が伊豆・今井浜に集結!


東日本大震災の甚大なる被害は、当然のごとくサーフィン界にも大きな影響をもたらし、東北地方に点在する多くの有能なサーフスポットが壊滅してしまった事、地元サーファーにとどまらず日本中のサーファーにとって悔やまれることだろう。
今自分たちに何が出来るのか、何をすればいいのか、そんな思いを問いただし続け、
今日2011JPSAツアー、ショートボード初戦「RONINプロ・藤本軌道カップ」が初の開催地である伊豆今井浜海岸で迎える事が出来た。
この日を迎えられた事に、すべての関係各位に心から感謝いたします。
<Surfing for all>をスローガンに、JPSAは今シーズンを復興支援チャリティーツアーとして大会を行っていきます。
どうかご理解、ご協力をお願いいたします。

早朝5時、十分な波音が響き渡る今井浜海岸に集合。
本日予定されているプロトライアルへ出場する、全国から集まったアマチュア選手たちの
輝く瞳は間違いなくビーチアスリートとして心強い姿だった。
男子16名、女子の8名が明日の本戦出場への切符を手にし、プロ公認を取得する夢に向かって熱き戦いが繰り広げられる。
この素晴らしいロケーションの中で、競技を行える喜びを一つにし、今シーズンの開幕戦を迎えています。
是非、感動の渦へお越し下さい!