JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2017年 ショートボード男子グランドチャンピオン
加藤 嵐

1993年7月18日生まれ
東京都出身千葉県在住



第1戦のバリは自分が狙っていない所にうねりが入って来たので、それに対応しきれずにセミファイナルで負けました。波はすごく良くて試合も楽しかったし、観るのも楽しかったですね。初戦から選手たちの良い試合が観れて、面白いシーズンになるなと思いました。自分はオフシーズンはコーチと千葉の志田下をメインにトレーニングをしました。自身のスポンサーがなくなったこともあり、海外に出るのは資金的に厳しかったので、今年はJPSAを回ることにしていました。JPSAで勝つことで、2018年に海外に出る資金を作れたらと思ってやっていました。去年同様、今年も1戦1戦優勝目指して、自分がしたいことができるようにしていこうと思っていました。だから変な力は入らず、そのためにやろうというシンプルな考えでしたね。

第2戦の伊豆はスコアできる波に乗れなくて負けました。自分のサーフィンがダメだったとは思いませんでした。次の第3戦の田原でようやく優勝できました。JPSAのルーキーオブザイヤーを獲った翌年に優勝してから優勝していませんでした。でも優勝への準備はしてきていました。波も大きくて自分の好きな波でしたね。自分の練習している技や変えようとしている部分を少し出せたかなと。スカッとしましたね。優勝に向けてやってきたことが優勝に繋がったので。実力が1、2年で上がるとは思わないですけど、メンタルの部分を自分でコントロールしてできるようになった気がします。

第4戦の新島はパワーのある波で、毎年楽しみにしている試合です。今年の試合会場のポイントは新島の中でも特に好きなポイントで、オーストラリアで試合をやっているような水の色で。新島は選手たちも旅行気分になって、ツアーを回っていると感じる場所ですね。試合ではサーフィンも調子が良く、自分では手応えのあるライディングができました。

第6戦の種子島は、第3戦でカレントリーダーになっていて、ダブルポイントの試合だったので大切な試合だと思っていました。けれども波に乗れずに負けてしまいました。延期になっていた第5戦の茨城では、波が頭からダブルぐらいあって嬉しかったですね。試合は後半に逆転してラウンドアップという、ちょっと神がかっていたという印象です。チャンスをものにできれば勝てるんだと感じました。直感で波が来ると思ったところに動けて、その波をものにできたんです。ファイナルは見た目よりトリッキーな波でしたけど、自分の決めた波で、目標としているサーフィンのラインでいけました。やはり、準備はしていたので、チャンスをものにできたのだと思いました。ツアーポイントについては気にもせず、計算もしていませんでした。1位2位を争う(辻)裕次郎くんと一緒にツアーを回っていたので、周りからは面白く映っていたかな。それで周りの人からクオーターファイナルの前に裕次郎くんに150ポイント離されていると聞いて、これはファイナルまで行って優勝しないとグランドチャンピオンはないかなという心構えでやっていました。逆に言うとチャンスはこの茨城だなと。それで優勝できました。

第7戦の一宮はこのヒートを勝ったらグランドチャンピオン決定というところをまた自分で決めれなかったという印象です。千葉で決まるとも思っていなかったし、実感もなくて。みんなから祝福してもらって嬉しかったけど、獲った実感はまだなかったですね。でもコーチと決めた今年の目標は、昨年グランドチャンピオンを獲ったので、最低でもグランドチャンピオンを獲ることだったのですごく気分が良かったです。自分がやっていることが結果に繋がったのだと自信になりました。

最終戦の仙台は波があって楽しかったです。選手みんなが実力を出し合えて、観てる人も楽しめて。こういう試合がもっとできると最高ですね。ファイナルはシンプルに自分が見えている波のポジションでやったのですが、ライディングミスが2本あったので、ポジションミスというより来た波で決めれなかったことが敗因だと思っています。


去年グランドチャンピオンを獲ったのですが、優勝がなかったので自分なりに納得はしていなくて、今年2回優勝してのグランドチャンピオン獲得だったのでやはり嬉しさが違いました。チャンスをものにできればあと2戦は優勝できたと思っています。それから今年の結果は、自分の力だとは思っていなくて。コーチ、トレーナー、試合会場で話してくれる選手たち、周りの人たちが、気づいたら自分が試合で結果を残せるようにしてくれていたと。みんなのおかげで視界が広がって、自分一人じゃ気づけない部分を自然にみんなが教えてくれて。今年1年、みんなが力になってくれたと感じています。グランドチャンピオンのカップをもらって余韻に浸ることはしないけど、去年グランドチャンピオンを獲ったときの感情を思い出したり、今年JPSAを回らなくてはいけないと考えた上で獲れたということを嬉しく思っています。だけど未だに2連覇の実感はないですね。いつか他の人が2連覇した時にその価値が身をもって感じられるのかなと。来年はWQSをメインに参戦します。資金もできたので。スケジュール次第でJPSAにも参戦したいと思っています。