JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2013年 ロングボード男子グランドチャンピオン

ユージン ティール



1976年9月2日生まれ
オアフ島出身千葉県在住

シーズン前にその年の目標を決めるのですが、今年から自分のサーフボードをシェイプするようになったので、まずは自分の好きな場所で優勝するというのが目標でした。でも正直、はじめは自分のシェイプした板で優勝できるかわからなかったです。そして自分の好きな場所というのは実は今まで一度も優勝したことがなかったバリでした。バリはハワイ同様に好きな波です。新島もオールジャパンということでずっと優勝したかったし、鴨川も千葉ということで優勝したいと思っていました。その場所で今年は優勝ができて、目標が達成できました。しかも初めて自分のシェイプした板でツアーを回ったので、喜びも大きかったです。そして結果としてグランドチャンピオンを獲得でき最高です。鴨川の最終戦で畑選手とのマンオンマン。それに勝てばグランドチャンピオンが決まるというヒートはさすがにドキドキしてプレッシャーがのしかかりました。接戦でハイスコアのヒートになりましたが、いいタイミングでプライオリティを使うことができたのが勝因だったと思います。今年はプライオリティを上手く使えたと自分で思っています。それとマニューバーとノーズのコンビネーションが大事だったと思っています。グランドチャンピオンが決まった後のヒートはプレッシャーがなくて調子良く楽しめましたね。やはり楽しんでやるときのサーフィンが一番調子いいです。楽しくないとすぐ負けてしまいますよ。サポーターの人が一緒に試合をまわってくれてリラックスして試合に挑めたのも良かったですね。シェイプを始めて、波とサーフボードのことがいろいろわかるようになって来ました。今後の目標は、もちろん4回目のグランドチャンピオンを獲ることです。