JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2013年 ショートボード女子グランドチャンピオン

庵原 美穂



1981年11月20日生まれ
東京都出身千葉在住

今年は海外で練習を積む選手が参戦し、自分にとって楽な状況ではなく、ツアー初戦から3連敗で、グランドチャンピオンへの道は絶たれたと思っていたので、グランドチャンピオンを獲れたのは素直に嬉しかったです。その反面、肝心な最終戦の優勝を逃し後悔が残りました。
グランドチャンピオンはあくまでも最終の結果であり、どれだけ1つ1つの試合をきっちり勝ち上がれたかだと思います。
その為には、大野修聖選手のようなずば抜けた技術、勝ちを取りに行く姿勢、崩れない精神力、全てを身に付けていなければいけないと思います。
それを分かっていても3年連続というタイトルを目の前にした私は、最終戦はチャンピオン獲得に意識が集中し邪念がありました。だからファイナルはいつも以上に集中できず、どこか気持ちが揺らいでいたと感じています。優勝を逃したあの瞬間…今までになく言葉にならないほどの後悔が走り、悔しさが残る試合でした。
でも負けは負けで、そこまでの技術であり、メンタルだったということです。まだまだ自分のサーフィンのレベルが低いと感じています。
今年は大野選手をはじめ、女子も海外で練習を積む選手が参戦していたので、凄く勉強になり、技術もメンタルも奥深いとこまで追求できたと思います。
あとは、自分がそこに向かってどう進化できるかです。10代の選手の活躍で女子も徐々にレベルが上がって来ています。それでも、男子や海外選手に比べると、自分も含めまだまだだと思います。観てる人が観た甲斐があったと思えるようなサーフィンを目指して、女子のレベル向上に携われる一人になれたらと思っています。