JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2010年 ロングボード男子グランドチャンピオン

森 大騎



1989年8月10日生まれ。
東京都出身千葉県在住

グランドチャンピオンになったのはプロ2年目でした。子供の頃からサーフィンを始めて、目標にしていたことなのでうれしかったです。アマチュアの頃からJPSAのコンテスト結果を見ていて、ちょうどケコアや元輝(喜納)くんが活躍していて、グランドチャンピオンはケコアにずっと持っていかれてたので、日本人は勝てないのか? と思った人も多かったと思います。でも自分は同じ人間なので勝てないとは思わず、モチベーションを高めて試合に臨んでいきました。でもプロ1年目はアマチュア時代と違って全然勝てなくて、壁にぶちあたりました。それで、オーストラリア修行に行きました。修行から帰ってツアー第1戦の千倉でケコアをセミファイナルで倒して優勝できました。JPSAはプロの大会だから、お金もプライドも掛かってきてアマチュアとは違う空気なので、改めて考え方を変えたんです。それからグランドチャンピオンを獲るために優勝3回を目標に頑張りましたが、2回優勝、2回準優勝という感じで、最終戦まで獲れるかはわかりませんでした。最終戦はホームブレイクの太東だったこともあり、負けられないという緊張の試合でした。結果2位になり、グランドチャンピオンが決まりました。これで一つ親孝行できたと思いました。今後の目標はショートボードも練習しているので、ロングとショートの両方で参戦していきたいと思っています。今、週末家族でサーフィンしに来ている子供たちにロングボードを教えています。自分も東京から週末に家族でサーフィンしに来て、10歳からロングボードを始めたんで、昔の自分を見ているようですよ。若い子たちにももっとロングボード頑張ってほしいと思います!