JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2007・09年 ショートボード女子グランドチャンピオン

谷口 絵里菜



1978年12月2日生まれ
高知県出身在住

自分より後にプロになった選手たちが次々チャンピオンになって、追い越されたような気持ちで正直焦りがありました。獲りたくてしょうがなかったけれど、いつも最終戦で逃してきて2位や3位が続きました。それで9年掛って獲れたのが2007年。本当にうれしかったですね。そのときは確か追いかける立場で勝ったと思います。2007年はトータル的にファイナルまで行って安定した年でした。ところが次の年の2008年はメンタル的なミスで負けて、本当に悔しくて、今でも鮮明に覚えています。その悔しさが2009年につながりました。負けたときのことの方が頭に残るんです。2008年の失敗から、サーフィンを冷静に分析しながら、練習を積み重ねました。いい波に乗って勝つことしか考えていなかったし、試合に対して充実した年でした。その結果がついてきたという感じです。2007年のチャンピオンが決まったときは、うれしさにガッポーズをしましたが、2009年のチャンピオンが決まったときは深呼吸をしました。積み重ねてきたことが頭の中に浮かび「あー結果につながって良かった!」って思いました。2009年は試合運び、勝負の駆け引き、ライディングで自分が考えてきたことがしっかりとつながった感じです。2009年は試合が楽しかったです。若手が出てきて、その勢いがモチベーションを押し上げてくれることは、とてもいい刺激です。後輩に対してアドバイスするとしたら、上手い選手を見たり、話を聞いたりしながら、自分に足りないことを取り入れていくこと、それができれば自分が伸びていく足掛りになるんじゃないかな。そうやってレベルアップしていけば、自然と成績につながっていくと思います。