JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2004年 ショートボード女子グランドチャンピオン

杉浦 麻里衣



1980年1月12日生まれ
愛知県出身カリフォルニア在住

大学時代20歳のときにプロになり、卒業後千葉に引っ越し仲間とサーフィンに打ち込みました。他のことには目も向けず、夜は早く寝て朝早くから海に入るという生活でしたね。千葉では周りに上手いサーファーがいっぱいいて、実力が伸びたと思います。2004年の1戦目で初優勝して“今年はいけるかも”と自信につながりました。でもその年の最後の最後まで2位の人と競っていたので、正直グランドチャンピオンを獲れるとは思わなかったです。今振り返ればその年はサーフィン以外にもジムへ通ったり、ヨガをやったり、自分が大学で勉強していたトレーニングメニューを取り入れて練習していました。やれることは全てやりストイックにやってましたね。
その後、2005年、2006年は2位、2007年に結婚してカリフォルニアに移住、子育てに専念し2010年よりJPSAツアーに復帰しました。カリフォルニアでは朝サーフィンに行けるときは主人と一緒に車で行って、子供を交代で見ながら1時間半ぐらいずつサーフィンします。主人は家事と育児を半々でやってくれて、サポートしてくれています。私も週2回お寿司屋さんでアルバイトをしていて、いろんな人に出会えるいい経験をさせてもらっています。
アドバイスとして私が言えることは、食事や陸上トレーニングなどサーフィンに良いと思うことは努力を惜しまずやっていくことです。自分が信じてトライしたことが無駄になることはないはずです。