JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

2003・05・08年 ショートボード女子グランドチャンピオン

間屋口 香



1983年月日生まれ
京都府出身徳島県在住

2003年のグランドチャンピオンはプロになって1年目。まだプロの友人もほとんどいなく必死で試合に出てて、まさか最後の最後まで獲れるとは思わなかったです。1戦目で優勝して、周りの人から「いけるんじゃないの!」って期待されたけど、とにかく自分のサーフィンができればいいと思っていました。5戦全て戦い終わってグランドチャンピオンが確定したとき、みんながとっても喜んでくれたのを思い出します。私自身も親やスポンサーが応援してくれてここまでこれたので、結果を出せて恩返しが出来たとほっとしました。2005年のときは、経験とともに緊張がなくなり楽しく試合に出れるようになってきた時でした。WQSも回っていたので大会ばっかりの年でしたね。WQSを回ってイメージが膨らんできて、試合の戦い方が違ってきたと思います。このときはチームメイトの大野修聖プロと同時にグラチャンが獲れたのでうれしかったですね。2008年はシーズン始まる前に引退の意向をスポンサーや一部の人には伝えていましたが、公には内緒にしていました。ランキングでは私の優勝の可能性は1%という感じでファイナルが始まっても意識はしていませんでした。谷口絵里菜プロが4位で私が優勝しなければ獲れないという厳しい状況でしたが、グランドチャンピオンが決まったときは周りの人も自分もびっくりという感じでした。現役を引退をした今は親が経営しているサーフショップでスクール等の手伝い、スポンサーのお手伝いをしながらサーフトリップに行きまくっています。若い選手にメッセージとしては、「試合でメンタルが弱くて負けてしまう」という人がいますが、練習によってメンタル面も鍛えられると思うんです。本当に上手くなりたいのなら、自分のできる100%をつぎ込むことだと思います。できることを精一杯やって下さい。そして何よりもサーフィンを好きになって下さい。そうしたらいっぱい海に入ると思うし、上手くなる為にいろいろな考えを持つことができると思います。