JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

1991・92・2001年 ショートボード女子グランドチャンピオン

小野里 美之



1960年8月17日生まれ
千葉県出身在住

私がJPSAで活動をしていた時期と言うのは、男女問わずサーフィンの過渡期だった気がします。女子はよりパワーとスピードが求められ、メイクするだけでは勝てない、そういう時代に入った時期だったと思います。私にとっては、91年はJPSAのツアー2年目の年で、第1戦目がウェイブプールだったと思います。前日の練習で1本も乗れず、本番は開き直って優勝しそれがJPSAの初優勝であり、私のJPSAで勝つことの始まりでした。92年は勢いもあり連覇することができましたが、自分の気持ちは世界に向いていたと思います。その後ASPツアーを回って、JPSAにはブランクがあったりして、2001年の10年振りのタイトルは、非常にうれしかったです。2001年は、ボートトリップでメンタワイへ行き、帰って来てそのまま御前崎に駆けつけて、メンタワイではいかにでかい波を乗るかを心に決めていましたが、御前崎は膝波で、これまた開き直りの優勝でした。この年は様々な経験を積んだ大きな一年でした。チャンピオンになれることは、その年のご褒美として大変うれしいこと、そして名誉なことです。でも、たとえタイトルを獲ったとしても、それは通過点であり、どうしたらもっと凄くなれるのか、強くなれるか、そのためにはどうしたらいいのかを常に考えていました。理解をしてくれたスポンサーや応援してくれた周りの人たちにはとても感謝しています。
現在の私はというと、まだまだ挑戦ですね。一日一日を大事にしたいと思っています。後輩プロサーファーへメッセージとしては、プロフェッショナルということを自覚して頑張って欲しいということです。そしてスポーツの中心が若年化している中、一人一人が一社会人として自分を磨くことが大切だと思います。プロサーファーもそのことを忘れないでほしいと思います。