JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

1983年 ショートボード女子グランドチャンピオン

毛利 留美



1958年7月31日生まれ
ハワイ島出身アメリカ・インディアナ州在住

1983年、日本で初のプロサーファーになりました。それはとてもエキサイティングでしたね。日本のプロサーフィンのコミュニティのとても温かい雰囲気の中で、他の女性サーファーたちと過ごしたあの素晴らしい時間を思い出し、懐かしく思います。他の女性サーファーと築いてきた絆は今日に至るまで私にとってずっと大切なものです。日本中を旅してサーフィンをし、多くの人たちと出会えたことは私にとって素晴らしい経験となりました。
今はアメリカのインディアナ州ブルーミントンに住んでいて、インディアナ大学で働いています。インディアナ大学の集中英語プログラム(IEP) でESL(第2言語としての英語)の講師をしています。11歳になる娘カイラと生活をしながら、英語を教えて日々を過ごし、自由な時間はここブルーミントンの美しい自然の中で釣りをしたり、キャンプをしたりして楽しんでいます。
すべてのサーファー、特にプロサーファーへのアドバイスとしては“楽しみ続けること”競争の環境によってあなたの“ファースト・ラブ”を忘れてはいけません! サーフィンは面白いものであり、面白いものであり続けるべきです! サーフィンをして仲間やその場で出会った人たちとサーフィンの喜びを共有し続けて下さい。