JPSA

一般社団法人 日本プロサーフィン連盟

GRANDCHAMPIONS

1997・2001・02年 ショートボード男子グランドチャンピオン

河野 正和



1969年12月3日生まれ
千葉県いすみ市出身在住

プロになって日本のチャンピオンになるのが目標でした。でもアマチュアの時は優勝できても、プロになってからはなかなか優勝できなくてプロの厳しさを実感しました。1997年初優勝できてそれがターニングポイントだった。自信がついたのか勢いに乗り、その年グランドチャンピオンを獲得。やっと日本のチャンピオンになれたという達成感とともに1回獲れたら次も獲りたいという思いでプロとしてランキングを気にしながら戦っていきました。その後、浦山哲也プロが3年連続グランドチャンピオンとなり翌2001年、2002年と自分が連続グランドチャンピオンを獲ることができました。その2年間はグランドチャンピオンを意識するより、試合ひとつひとつの優勝を目標にし、最終的にはグランドチャンピオンが獲れたという感じです。自分だけの力ではなく、応援してくれた人たちのバックアップはもちろん波も味方してくれたかな。
現役を引退して2010年よりJPSAの理事に入り、お世話になったJPSAの大会のお手伝いをさせてもらっています。またお世話になったスポンサーのプロモーション活動をしながら、波があれば必ずサーフィンしてます。
これからのプロサーファーには、それぞれプロとしての目標を明確にしながら、試合に臨んでほしいですね。そして、それをひとつひとつ達成することによってレベルアップしてほしいです。世界の壁は高いですからね。